ペットの歯周病

皆さん、ペットの歯周病については沢山のお尋ねや処置治療を依頼されます。犬猫は人間とは違った形状の歯をしていますが、人間と同じように中年過ぎると歯周病の処置治療が必要なケースが増えてきます。主な原因はプラークです。口腔内で食べ物・唾液・口腔内細胞が混ざり合ってプラークができ、プラークによって引き起こされた歯肉炎部位は、細菌感染やその細菌の代謝物によって慢性炎症と移行していきます。そしてついには歯が抜け落ちます。さらに循環器疾患、糖尿病、慢性腎炎の原因にもなりえます。日頃から飼い主さんがペットの口の中に気をつけて頂き、歯肉の赤みや口臭が気になったらかかりつけの動物病院に相談してください。

ペットの歯周病
トップへ戻る