令和2年6月1日から改正「動物の愛護及び管理に関する法律」が施行され、虐待等に係る獣医師による通報が義務化されました。