<動物愛護・社会福祉委員会> 
 委員長 太田 雄一郎

 長崎会長のもと、新たに発足した理事会に、初めて加わりました横浜市獣医師会所属の太田雄一郎です。横浜では、理事、常務理事、監事、並びに会長を併せて20年以上経験し、この度会長職の退任という事で、こちらの末席に参加させて頂くことになりました。横浜では、港南区の獣医師会会長もしていましたが、そこでは学校飼育動物の為の学校訪問を全校21校で行い、15名の獣医師で21年続けてきました。全校にした理由は、殆どの飼育(生物)委員会の児童たちは、とても熱心で、積極的なのですが、顧問または担当教諭が必ずしも熱心とは限らず、昨年はうまく推移していた小学校が、今年はうまく行かず、動物の健康や児童の気持ちに残念な結果をもたらす事態が、時折見受けるからです。これは訪問する獣医師の側にも、稀に問題点を垣間見ます。少しでも、そうした不都合を減らすには、全校訪問以外にないと考え継続してきました。日本小動物獣医師会では、動物愛護・社会福祉委員会の委員長を拝命しましたので、今までの経験を参考に、微力ながらお力添えをして行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。